ツナグ ~未来に繋ぐため共に挑もう~

新津青年会議所

  • HOME »
  • 新津青年会議所

第65代理事長 横山 喜規

基本理念(スローガン)

ツナグ
~未来に繋ぐため共に挑もう~

所信

【はじめに】
理事長という大役を仰せつかる時、新型コロナウイルスの猛威は高まっていました。世界規模の感染拡大、日本でも戦後最大級の国難とも言われるほどになっていました。ここ秋葉区に住み暮らす我々一人ひとりも影響を受け、今までの日常生活に制限がかかり、催事の多くも中止を余儀なくされ、強制的に我慢・忍耐の年となり、先行が見えない不安が広がっていました。その中で2021年度の新津青年会議所がどうあるべきか問われていると考えます。現状は常に変わり、その変化を感じ、変化を怖がらず、未来に繋ぐために仲間と共に挑んで参ります。

まずは原点に返り1956年の創立以来、諸先輩方も継承してきた青年会議所三信条「修練」「奉仕」「友情」のもと、青年としての英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな秋葉区へと発展させること。これを念頭におき、新津青年会議所会員全員で一致団結し、仲間を想い、郷土を想い、人を想い、感謝の気持ちを持ち、今できること模索し、魅力溢れる活動を進めて参ります。

【自己の成長と会員拡大】
全国の青年会議所で会員数が減少傾向にあります。我々新津青年会議所の会員数も減少しています。現在では私が入会した時の半数以下となっており、深刻な問題となっています。今一度この会員拡大に全力で取り組まなくてはいけません。

近年、青年会議所を取り巻く環境も時代とともに変化し、青年会議所しかなかった時代から、青年会議所もある時代と言われていますが、常に時代とともに積極的に行動を起こす青年団体は、今までも我々が所属している青年会議所しかありません。またあらゆる分野でそれぞれの役割を担っていくためには自己成長は欠かせません。社業以外の分野での出会いや交流が、必ず自己成長の機会を与えてくれます。リーダーシップや時間の使い方や人との付き合い方など、色々な経験や学びを得て、それを仕事に活かすことができます。そして自己への気づきを深め、強み、弱みをしっかり理解して自己成長につなげる必要があります。

新津青年会議所の魅力の一つは、先に述べた自己成長を続ける我々の人間力だと考えます。そしてそれを組織や会員一人ひとりが発信することが会員拡大に繋がると私は考え、新津青年会議所の魅力の発信し共感していただき、会員拡大に取り組んで参ります。そして幅広い青年会議所の活動を展開していくために広く会員を求め、より秋葉区に密着した青年会議所であることを心掛けていきます。

この秋葉区には志をもつ同世代の仲間がまだ数多くいます。積極的な会員拡大活動で同志を増やしていき、青年会議所の活動を一緒に楽しみながら、自己の成長に繋いでいきましょう。

【秋葉区らしさ】
我がまち、秋葉区は信濃川、阿賀野川の2大河川に囲まれ、広大な農地、里山秋葉丘陵といった緑が豊かな地域であり、その恩恵を受け鉄道、石油、花卉産業などが発展してきました。私の幼少期には「花と緑と石油の里」といったキャッチフレーズもありました。現在ではかつて栄えた産業の遺跡から、秋葉区特有の産業や小須戸の町屋、にいつ鉄道商店街など、あげればきりがないほどの魅力がここ秋葉区にはあります。そしてその魅力を発展、発信させてきたのは先人たちであり、「人」です。青年会議所ではまちづくり、ひとづくりということを、分けて考えがちですが、その二つの要素は隣り合わせで人と人との繋がりがまちをつくります。先人たち、そして今の秋葉区をつくり、育てている世代。そこに青年世代も加わり、まちづくりは老若男女が世代を超えて人と人で繋がります。我々青年世代は温故知新の精神で今までの秋葉区らしさを継承しつつ、魅力の発信、発展、再発見や別の切り口からの新しい発見や発展を目指します。

また、近年全国各地に異常気象をはじめとする災害を目にすることが多くなっています。ここ秋葉区においては災害が少なく住みやすい地域です。しかしそれが防災の意識を低下させ、万が一の時取り返しがつかないことになりかねません。秋葉区民一人ひとりが防災の意識を高め、その方々が地域の近隣住民と助け合い、声を掛け合い繋がることができれば、まちづくり、ひとづくりの一助となります。

我々に出来ることは限られているかもしれませんが行政や他団体、更にはまちづくりに協力的な方々との連携により、我々青年世代ならではの発想からまちづくり、ひとづくりの事業を展開して参ります。

【郷土の宝を想って】
新型コロナウイルス感染症の影響により当たり前が当たり前でない状況になりました。よくメディアなどで取り上げられているのが感染者やそれに関わる人々への暴言や非難、SNSなどでの誹謗中傷です。感染者には病気という観点から心に寄り添い、思いやる気持ちが必要なはずです。更に長引く状況下で疲労と自分の身にいつふりかかる分からない不安と恐怖心が人と人を遠ざけます。経済状況もまた大人たちに多大なダメージを与えています。そうした負の感情は子どもたちへも伝播してしまいます。子どもたちは我々が思っている以上に敏感に感じ取り、嫌がらせや仲間外れといったいじめに繋がりかねません。我々は次代を担う子どもたちに何を伝え、何を残してあげられるのかを考え行動する責任があります。

このような状況下の中でも、子どもたちが秋葉区の明るい未来の担い手になるための橋渡しとなれるよう、将来の可能性を引き出せる機会をつくり、親子・子ども同士・親以外の大人との出会いやコミュニケーションをとることで、思いやりの心、積極的に行動できる心など多くを学び、共に成長していくことができる事業を展開していきます。青年会議所の事業を通した経験が子どもたちの一人ひとりへの未来の可能性を見つけるための一助となり、輝く子どもたちの笑顔から更に明るく豊かな地域へ繋がると信じ、覚悟を持って挑みます。

【結びに】
シンプルに考えて我々は青年会議所会員の前に一人の人間であり、家族がいて、一社会人です。私の会社は飲食業として朝から夜遅くまで家族と共に仕事をしています。その中で隙間時間を利用し、会議、例会等に出る際は会社や家族に店の営業をお願いして、時間をつくって青年会議所活動を行っています。新津青年会議所会員もまたそれぞれの家庭、会社事情の中、時間をつくって活動を行っていることと思われます。家族や会社からの理解と協力を得て、青年会議所活動を共有することで共感してもらうことがまた大切になってきます。

青年会議所は、若い我らにとって人生の学びの場の一つとして捉え、家族や会社に感謝し、青年会議所で出会った仲間たちと学び、経験し、成長したところを家族や会社に返して行きましょう。そして今しかないこの時を共に歩み、未来に繋がるよう共に挑みましょう。

ページのトップへ戻る↑

akihaの魅力発信・拡大委員会

委員長 清野 功一郎

【基本方針】

私が新津青年会議所に所属して早いもので8年が経ちました。同期の仲間たち、後から入会したメンバーも皆、責任ある役職を全うしている中、10年前に独立して立ち上げた自分の事業を優先にしていた為、中々役職をお受けすることができませんでした。しかし、新津青年会議所のメンバーや先輩方との交流や活動によって得られたことは多く、いつか自分が役職について、秋葉区の為、新津青年会議所の為に動きたいと思っていました。

そして2020年。新型コロナウィルスが猛威を振るい、日本中。世界中の人々に負の影響を与え 先の見えない不安感で廃業や倒産に追い込まれる事業者も多かった1年間だったと思います。そんな中でも新津青年会議所のメンバー及び先輩方におかれましては、もちろん大変な時期もあったかと思いますが、一人ひとりが自らの仕事に向き合い、新しい生活様式に順応し、この苦境を乗り越えた上でアフターコロナの新時代に向けて進んで行ける若さと情熱を持っていると感じています。

私にできることは、そんな逞しさを持つ新津青年会議所の皆の魅力をシンプルに分かりやすく地域の皆様に知ってもらうこと。そしてメンバーが自らの大切な仕事や家庭生活の合間を縫ってでも活動している事業を広く認知していただき、共感してもらえる仲間を増やすことです。その為にも自分たちの魅力をより発信しやすい事業を展開していけるようこの1年間責任を持ってAkihaの魅力発信・拡大委員会の委員長として努めて参ります。

ページのトップへ戻る↑

akihaの魅力・共感委員会

委員長 佐々木 謙治

【基本方針】

秋葉区には様々な魅力があります。歴史ある街並みや秋葉丘陵、文化的遺産など独自性のある魅力が多くあるのは間違いありません。秋葉区らしさとは何でしょうか。秋葉区の魅力を最大限生かせるよう1年を通し活動して参ります。

まず当委員会としても会員拡大に向け全力で行動を致します。地域の同世代の青年に共感してもらえる事業を行うと同時に、共に地域のために活動できる会員を増やしていかなければいけません。

新年会、わんぱく相撲では、対象を絞るなどコロナウィルスへの対策を万全にし、事業を開催致します。イベントを開催することへの不安や声を聞くが、青少年への成長の機会を与えるのは我々の使命であると考えます。この状況だからこそ変革を恐れず前に進まなければいけません。毎年のように様々な災害が起こる中、防災への備えや一人ひとりの意識の向上が必須です。会員の防災への資質向上も必要ですが、いつ起こるか分からない災害に対し、世代を超えて備えや対応について考える事業を実施致します。

私がLOMに所属して9年になりますが、最近は青年会議所会員として率先して行動できているか。自己を見つめなおし地域に必要とされる団体であるべく、情熱をもって失敗を恐れず活動して参ります。

ページのトップに戻る↑

お気軽にお問合せください TEL 0250-22-0121 受付時間10:00〜17:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人新津青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.