新津青年会議所は、20〜40歳までの青年が所属する団体です。

理事長メッセージ

  • HOME »
  • 理事長メッセージ

基本理念(スローガン)

追求 ~燦然たる可能性に未来を描き、いま追い求めよう~

事業計画

・創立60周年記念式典の開催
・地域の魅力を検証し発展の可能性を追求する事業の実施
・次代を担う青少年の教育と成長の可能性を追求する事業の実施
・会員の相互交流と資質向上に於ける人生観の醸成
・会員拡大

【はじめに】

明るい豊かな社会を築き上げようと唱和するたび、JAYCEEとしての気が引き締まる。
新津青年会議所は1956年5月15日に設立され、以来60年の時を脈々と受け継ぎ、地域社会の発展、国家の発展を図り、修練・奉仕・友情のJC三信条のもと結束し、数々の事業を地域の方々の理解と協力のもと実施してきた。
先人たちが築き上げた歴史に感謝と誇りを持ち、常に地域と寄り添いながら、私たちはこの先も「まちづくり」「ひとづくり」「個の成長」を軸とする情熱を、絶やすことなく次代へ継承していく。

【時は有限である】

「時間」という概念は、日常の生活を送る中で極めて短期的に捉えることが多いであろう。しかし、生を授かり終わりが訪れるまでの一生という時間軸で捉えることで、未知なる可能性が湧き上がり、その概念は精練され且つ濃密な「人生」という概念に変化していく。いまを直視することも大事であるが、その先へ目を向けることも必要である。
限りある時の中で、私たちはいったい何ができるだろう。人生という概念を持ち、私たちが生きる素晴らしい未来を、いま追い求めよう。

【まちの可能性をみつめて】

まちの発展には、青年世代の力が必要不可欠である。ここ秋葉区に於いても同様であり、私たち新津青年会議所の活動はとても意義深いものである。
いま、日本の世は停滞感を増し、人口減少時代に突入していることが拍車を掛け、未来への希望すら削ぎ落とされてしまいそうな環境の中、現実から目を背けたくなる状態が続いている。その渦中であっても、私たちがやらなければならない大切なことは、知恵を出し合い利他の心で考え抜き、より豊かな地域へ向けて行動を起こすことである。
その為にも地域の各団体や公的機関との関係性を更に深めることが必要である。双方の壁を乗り越え互いに手を取り合い、柔軟な姿勢で事業を共有していく。まちの発展を大きく前進させるために、継続的な事業は更なる高みへ向けた関係の構築を、新たな事業は協力体制をしっかりと整えた上で取組んでいかなければならない。
ここ秋葉区は、鉄道、里山、河川、石油、花卉などの歴史と文化が自然豊かな大地と密接に関わり合い形成されてきた特色ある地域であり、挙げれば切りが無いほどの宝が存在する。地域の宝を存分に発信し、対外的にも交流することができたなら、客観的な視点を持ち、宝の魅力を最大限に伝えることができたなら、未来に繋がる架け橋となり、まちの発展は持続していく。又、私たちの活動を多くの方に知ってもらう必要も有る。事実、私たちが思うよりも青年団体としての知名度は低い。地域の方々への周知を行うことで、より有意義な活動が行えると共に私たちの存在意義が成り立っていく。そして何よりも大事なことは、私たちが地域の方々の心を打つ魅力的且つ貢献的な事業を展開していくことである。
どんなときも、生まれ育った地域を愛し、より広域的な視点を持ち、まちの可能性をみつめよう。

【ひとの可能性をみつめて】

私たちは普段当たり前のように住み暮らし生きている。しかしその当たり前のことに感謝の念を忘れてはいないだろうか。ひとは関心があることには興味を示すが、ごく自然なことに気を止めることは少ないものである。しかし、世の中には食料に苦しむことや、読み書きすらままならない環境が存在している。私たちは今一度この存在する事実を考え、広い視野と大きな心で捉えることが必要である。
ひとは交流することで新たな価値観と絆が生まれる。人間、ひとりでは業を成すことはできないはずである。湧き上がる情熱がひとを動かし、互いに尊重し合うことで友情を育み、前進することでうねりが生まれ、協力し合うことで時代に沿った大きな力が動き出す。ひととの交流は次の舞台へ上る階段であり、未来へ進む手掛かりを掴むために大切にしなければならないものである。
幼少期の教育は、個人の成長に大きな関わりを持つ。当時の記憶から身を持って大切な分野であると感じる科目が「道徳」である。ひととして守るべきことや善悪を判断する能力を養い、正しい行為を自発的に促す内面的な原理をつくり上げる。地域に住まう子供たちの良き見本となり、物事の本質をしっかりと捉えていく為にも、決して学校教育課程のひとつの枠組みで修まるものでは無く、数々の交流を積み重ねていく私たち青年世代にこそ十分な理解が必要となる。私たちは道徳心に磨きをかけ、より豊かな人生を拓くべきである。
どんなときも、共生と協力の重要性を理解し、より対外的な視点を持ち、ひとの可能性をみつめよう。

【己の可能性をみつめて】

青年世代は、夢に溢れ、力が漲り、吸収と発散を繰り返し、個々の感性も花開く正に百花繚乱の世代である。青年会議所に所属し、多くの友と語らい、多くの経験を積み重ねる中で、時には立ち位置を見誤ってしまうこともある。己を戒める意味でも、とても未熟な一個人と自覚し心を高めていくことが重要である。20歳から40歳までの可能性に満ちた時の中、私たちは己の存在意義を確認し、資質向上に努め、己の成長へ繋げていかなければならない。
一人ひとりが礼節をわきまえ、凛として振る舞うことは、一体感を生み、組織としても最大限に機能することに繋がる。多々ある集いの場に於いて、社会人としての適切な態度を示すことが、己を磨く一歩目なのかもしれない。そして、私たちが未来を語るのであれば、変えなければならないものと変えてはならないものを見極め、区別し判断する能力を身につけなければならない。
どんなときも、澄み切った志のもと自立し、より多面的な視点を持ち、己の可能性をみつめよう。

【結びに】

新津青年会議所は創立60周年を迎える。ひとつの区切りとして、人間で言う還暦の年である。大いなる歴史を受け継ぎ、新たに生まれ変わっていくためには、多くの同士が必要である。青年会議所運動を力強く展開するべく、会員の拡大に真剣に取組み、かけがえのない多くの友を増やし、創立の意志を受け継いでいくことが、いま所属する私たちの使命でもある。又、地域に於いて必要とされる魅力ある団体として名実共の確立を目指して歩むことが、多くの方々の心を惹きつけることに繋がると信じている。
この襷は70年80年100年と繋いでいかなければならない。会員相互協力し60周年を乗り越えると共に、青年ならではの感性を存分に解き放ち、あと一歩先を追い求める姿勢とその過程の中、全ての物事に感謝し、明るい豊かな社会を目指し進み続けよう。

お気軽にお問合せください TEL 0250-22-0121 受付時間10:00〜17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人新津青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.